『寺社とともに歩んできた農村部を体感!』

日本の古き良きを学び、体験し、そして一緒に楽しみましょう。

私たち日本人は古くから米をつくり、主食にし、酒をつくり、

また、稲わらで俵や自分たちの履物など身に着けるものまでつくっていました。

 

近江清酒発祥の地である釈迦山 百済寺(ひゃくさいじ)にて、室町幕府に献上されていた

百済寺樽(ひゃくさいじたる)の歴史を受け継ぎ、米作りからサポートしていただける

オーナーさんを募集しています。

全5回体験で、各回、農業体験と寺院の体験をしていただきます。

最後には自分たちで作った酒米のお酒で乾杯します!

先着定員50人となっておりますので、お早めにご連絡お待ちしております。

・各回、昼食やプチお土産付きです。
​・完成後、搾りたての百済寺樽を、一番に飲んでいただけます。
・新酒(生酒)をプレゼント。
  ​※一升瓶1本 or 四合瓶2本からお選びいただけます。
・通常、百済寺では行っていない修行(写経など)を体験いただけます。
・百済寺樽を優先的に販売いたします。

定期開催の各種イベントにご招待いたします。

 EVENTS   

​第1回目 「乾杯!縁側にて特別食事会」

2019年4月13日(土)​

​第2回目 「酒米田植え・百済寺来訪」

2019年5月5日(日)​

・女性の方には、早乙女衣装を着ていただきます。

・田植え用の長靴をお持ちください。

​第3回目 「生育確認・百済寺修行(写経)」

2019年7月中旬〜下旬

・こちらで用意した作務衣に着替えていただきます。

​第4回目 「稲刈り・酒器づくり」

2019年9月中旬〜下旬

​第5回目 「酒蔵見学・生酒お披露目・きき酒」

2020年1月

稲の育成状況により日程を決めていきますが、遅くとも3週間前までには、ご連絡いたします。

・百済寺町公民館までのアクセスはこちらをクリック

​・釈迦山 百済寺までのアクセスはこちらをクリック

申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

百済寺樽オーナーへのお申し込みには、お一人様30,000円/年を頂戴しております。

※お申し込みは20歳以上の方に限ります。

・お支払い方法は、基本お振り込みにてお願いしております。​その他方法をご希望の場合は、

 事前にご相談ください。

 

・お申し込みの締め切りは2019年4月28日です。

​・定員(50人)に達すれば、早めに締め切らせていただく場合がございます

・お申し込みは、先着順となります。

・日程により、参加ができないイベントがございましても、お申し込み金の返金は出来かね

 ますが、当日のお土産や、特典の新酒などは、後日郵送いたします。

​百済寺樽プロジェクト2019

© 2019 Hyakusaijitarupj

hyakusaiji.ricewine.pj@gmail.com

滋賀県東近江市百済寺町293

蒸し