紅葉の名所として知られる「釈迦山 百済寺」。

かつては「東洋一の寺院」「地上の天国」と称された知る人ぞ知る名刹です。

 

室町時代に隆盛を極めた象徴が幻の銘酒「百済寺樽(ひゃくさいじたる)」

寺内で醸造され、幕府や朝廷に献上されていた高級なお酒です。

寺院で造られていたお酒の総称を「僧坊酒(そうぼうしゅ)」といい、近畿ではとくに有名な僧坊酒が4つあり、そのひとつが、百済寺で造られていた「百済寺樽」という銘柄の日本酒でした。

お寺でお酒を・・・?

と不思議に思われたかもしれませんが、神様や仏様のお供え物として醸造されだしたのが僧坊酒の起源と言われています。

現代こそ清酒は一般的ですが、当時の「醸造」は最先端の技術でした。

↑紅葉の名所百選に選ばれています

百済寺樽 文献一覧 提供 一炊庵

「百済寺樽」の文字は中世の文献にたびたび登場します。

また、百済寺の駐車場からは、十数個の常滑焼などの甕が出土しています。

(東近江市埋蔵文化財センターにて保管)

失われた「百済寺樽」の歴史

 戦国の覇者、織田信長が魅了され、生涯で唯一の勅願寺と定めた百済寺。

しかし天正元年(1573)、敵対勢力とも縁のあった百済寺をひどく憎み、信長のてにより寺の全域が焼き討ちされ、人々に愛された

「百済寺樽」の歴史に幕が閉じたのでした。

【名蹟図誌近江宝鑑/上巻/愛知群/百済寺/抜粋】

滋賀県立図書館近江デジタル歴史街道より

​百済寺樽プロジェクト2019

© 2019 Hyakusaijitarupj

hyakusaiji.ricewine.pj@gmail.com

滋賀県東近江市百済寺町293